交通事故でする事

道路交通法では事故を起こした時の行動基準が示されています。
まず、負傷者の救護をする事、次に道路上での危険を防止するための必要な措置、例えば、発煙筒を焚いたり三角表示板などで交通事故があったことを知らせる。
そして、必ず警察への連絡をし、次の行動の指示を受け、現場を去ってはいけません。
事故現場に到着した警察官も同じように負傷者の救護と道路上の危険を防止し、2次的な事故が発生しないように、他の交通の安全と円滑な通行を図るための指示を行います。
ここまでは、必ず交通事故を起こした時にすることなのでしっかりと覚えておきましょう。

それと、事故を起こした場合、加害者であっても被害者であっても任意保険の保険会社への連絡を忘れずにすることです。
これは保険契約事項の中に義務として書かれています。
自分では被害者と思っていても、加害者になってしまう事も、状況ではありうるのです。
交通事故の当事者の場合は気が動転して、正確な判断ができない場合があります。
自己判断はせずに、第三者的な立場の人に事故の後処理は任せて、自分が主張すべき点や、思ったことは、警察官や保険担当者にしっかりと伝えることが必要です。

初めて交通事故を起こして、当事者になった場合は、負傷者の救護、2次事故の防止、警察や救急隊への連絡、そして、保険会社への連絡、これらの事は忘れずにするようにしましょう。
自分が負傷して動けない場合は連絡ができませんが、示談になった場合などは、保険会社への対応が重要になるので、保険担当者への連絡をしましょう。